今さら聞けない?フリーランスの働き方講座

フリーランスの働き方「在宅型フリーランス」

これを読めば完璧!?保存版!

在宅型フリーランス

在宅型フリーランス

フリーランスの働き方の中には、自宅で仕事をする「在宅型フリーランス」という働き方があります。今回は在宅型フリーランスとしての働き方、そしてメリットを紹介します。

Pocket

企業にもメリットがあります

企業にもメリットがあります

常駐型フリーランスとして働いている人の中には、機をうかがい、在宅型フリーランスの働き方に切り替える人がいます。在宅型フリーランスは自宅で自由に勤務ができるためメリットが多いからです。また企業にとっても在宅型フリーランスに仕事を頼むメリットはあります。常駐型フリーランスには、職場のスペースをフリーランスのために空ける必要があります。さらにPCやソフト、デスクなど作業に必要な機材も企業が用意する必要があります。企業にとって常駐型のフリーランスを雇用することは、それなりのコストが掛かることになります。在宅型フリーランスに仕事を頼めばこれらのコストが掛かりません。仕事さえきちんとしてもらえれば、企業にとって在宅型フリーランスに仕事を頼むメリットは大きいです。

勤務時間や勤務日を自由に選べます

在宅型のフリーランスのメリットは、勤務時間や勤務日を選べることです。例えば土日に仕事をして、平日に休日を持って来ることもできます。平日を休みにすれば、美術館やテーマパークや観光地が混雑していることもありません。休日を有意義に使うことができるようになるでしょう。また子どもがいる女性は、自宅で子どもを見守りながら仕事をすることもできます。保育園などに子どもが行っている空いた時間や、子どもが眠った後の夜中などを勤務時間にして仕事をすることも可能です。会社員に必要な通勤時間を仕事に充てることもできますので、効率的な作業も可能です。夜中の3時頃に起きて仕事を始め、午前中に仕事をすべて終わらせ、午後はプライベートの時間にしたり、新しいスキルを学ぶための時間にすることも可能です。

人間関係の煩わしさがありません

在宅型フリーランスのメリットの一つは、会社員なら当たり前のようにある人間関係の煩わしさがないことです。会社員時代を思い出してみると、仕事にまつわる悩みは仕事そのものではなく、面倒な上司や付き合いにくい同僚、問題を起こす後輩との人間関係だったことに気が付くでしょう。このような面倒を一気に取り払うには在宅型フリーランスの働き方を選ぶのがいちばんです。人間関係のストレスから解放されて自分の仕事に集中することができます。営業活動などで人間関係の煩わしさが出ることはありますが、それは自分の報酬に直接関係することですので意味があります。解決へのモチベーションも高くなるでしょう。少なくとも隣の席の同僚が、大きな声で世間話をしているのが耳に入り、仕事に集中できないというような無駄な悩みはなくなります。