今さら聞けない?フリーランスの働き方講座

フリーランスは変化を楽しめる人に向く働き方です

これを読めば完璧!?保存版!

「変化」を楽しめる人が向いている

「変化」を楽しめる人が向いている

フリーランスにはやる気があれば誰でもなることができます。ただ性格的な向き不向きがあるのも事実です。そこで今回は、フリーランスに向いている人の性格を紹介します。自分が当てはまるかどうかを確認しながら読んでみてください。

Pocket

一人で仕事をするのが楽しい人

一人で仕事をするのが楽しい人

フリーランスとして仕事を始めると、仕事仲間と机を並べて仕事をするような状況から離れてしまいます。基本的に仕事中は一人きりになりますので、一人で仕事をすることを楽しいと思えるタイプの人がフリーランスの働き方に向いている人です。またフリーランスとして仕事をする人は、仕事を仕事と思わずに、趣味に没頭するように夢中で働いている人が多いです。好きこそものの上手なりと言いますが、好きなことは一日中考えていても苦になりません。フリーランスとして活躍するためには、仕事を好きになり、一人でずっと仕事のことを考えていられるタイプの人が向いています。新しい技術の習得や、情報収集が手間ではなく「楽しい」と感じられる人は、一人で仕事をしても活躍できる人でしょう。

取引先との交渉が苦にならない人

フリーランスになると、エンジニアやデザイナーの仕事だけをしていれば良いわけではありません。営業担当の人が別にいるわけではありませんので、自分で取引先と様々な交渉をする必要があります。報酬に関して、条件に関して、また仕事の締め切りに関しての交渉をきちんと行うことが大切です。特に報酬に関する交渉は大切です。取引先と交渉して、有利な条件やできるだけ高い報酬を得られるように交渉を楽しめるタイプの人はフリーランスに向いています。無理な仕事の受け方や、割りに合わない報酬で仕事を受けてしまうと、長くフリーランスとして活躍するのは難しいでしょう。

責任感の強い人

フリーランスは、自営業、個人事業主ですので、仕事に関するすべての責任を個人で取る必要があります。仕事が締め切りに間に合わなくなりそうになった時に、締め切りの延長を申し出てくれる上司や、仕事を手伝ってくれる先輩がいないからです。フリーランスはすべて自己責任で仕事に取り組まなくてはなりません。仕事を受ける段階で、自分一人で締め切りを守り、高品質の商品を納品できるかどうかを考えて、責任感を強く持つ必要があります。

人と会うのが好きな人

フリーランスになると、自分が営業をして仕事を取ってくる必要があります。たくさんの仕事関係者に積極的に会って、交流の幅を広げることで仕事を依頼してもらえるチャンスも広がります。人と会って話をしたり、飲み会に参加をして楽しんだりと、人と会うことが好きな人はフリーランスになっても営業役ができる人です。フリーランスが最も苦戦する仕事を取るという部分を問題なくこなすことができるでしょう。