今さら聞けない?フリーランスの働き方講座

どんな働き方?フリーランスの概要

これを読めば完璧!?保存版!

フリーランスとは(概要)

フリーランスという働き方は、すでに1000年以上前の中世ヨーロッパの槍騎兵がしていたと言われています。自由な槍騎兵を英語で言うと「フリーランサー」となり、現在のフリーランスの語源となっています。フリーランスにはやる気さえあれば誰にでもなることができますが、性格的な向き不向きがあることも事実です。さらにフリーランスの働き方に対して間違った解釈をしている人もいます。フリーランスの働き方を知り、自分の性格に合っているか確認してみましょう。

フリーランスとは(概要)

実は昔からある働き方

実は昔からある働き方
フリーランスの語源は、中世ヨーロッパの槍騎兵の働き方が基になったと言われています。槍騎兵は一定の軍に所属するのではなく、戦いごとに所属する軍と契約し働いていたそうです。「自由」が「フリー」、「槍騎兵」が「ランサー」、つまりフリーランサーです。1000年以上も昔から、槍騎兵のように自由に仕事をするフリーランスの人たちが活動していたことが分かります。フリーランスは最近できた新しい働き方のようですが、実は長い歴史がある、昔から定番の働き方だと言えるのです。

「変化」を楽しめる人が向いている

「変化」を楽しめる人が向いている
フリーランスはやる気次第で、誰でも活躍することができる働き方です。ただ性格的な向き不向きがあるのも事実です。フリーランスになると一人きりで仕事をすることになります。一人で仕事をすることが好きな性格の人に向いています。さらに他人と積極的に会うことが好きな性格、営業のような役割をこなすことが好きな性格であることも求められます。自分で報酬についての交渉ができる人、責任感を持って仕事に取り組める性格の人もフリーランスに向いています。

「楽したい」という人は向いていない

「楽したい」という人は向いていない
フリーランスになる理由が雑務から解放されるためという人は、困った状況になるかもしれません。フリーランスは個人事業主として営業や経理、様々な雑務をこなす必要があるからです。また取引先から言われた最低限の仕事しかしたくない性格の人は、仕事の幅が広がらず苦戦する可能性が高いです。さらに将来のビジョンを持ち、向上心を持って仕事ができない人は、フリーランスに向いていません。基本的に楽をしたいからフリーランスになろうという考えは間違っています。